【速報】3月18日からバンコク・パタヤの夜遊びスポットが閉鎖に!

Kaiken
スポンサーリンク
スポンサーリンク

バンコク夜遊びスポットの閉鎖情報

バンコクの娯楽施設、3月18日から31日まで営業禁止

プラユット首相は3月17日、バンコク都内および近郊県の歓楽・娯楽施設を3月18日~31日まで営業禁止とすることを発表した。

娯楽施設にはパブ、バー、映画館・タイ古式マッサージ店、マッサージパーラー、ムエタイスタジアムなどが含まれる。

大学、インターナショナルスクールなど教育機関も2週間閉鎖する。

コンサート、展示会、宗教儀式などは各都県の知事と感染症委員会の許可制とする。

外国人については、新型コロナウィルス感染症の危険地域に指定した韓国、中国(香港、マカオを含む)、イタリア、イランの4カ国に加え、

新型コロナウィルスの感染が継続している国・地域からの渡航者に対しても、

入国日の3日以内に発行された健康証明書の提出と保険加入を義務付ける。

また、専用アプリで14日間所在を追跡する。

パタヤの夜遊びスポットの閉鎖情報

PattayaNews2

ニュースソース : Pattaya News

プラユット首相の発表を受けて、バンコク近隣県のパタヤでも同様の措置が発表されました。

パタヤは、月末までバー、ナイトクラブ、マッサージ店などのすべてのエンターテイメント会場を閉鎖になります。

バングラマングとチョンブリの州政府は、明日、2020年3月18日にすべての娯楽施設を2020年3月31日まで閉鎖することを命じました。

パタヤニュースが電話でバンラムン警察署長と話し、確認した情報

これは、Covid-19コロナウイルスの潜在的な拡散を減らすための予防策です。

これはすべてのバー、映画館、スポーツ会場、カラオケバー、ナイトクラブ、ゴーゴー、ビールバー、マッサージパーラー、紳士クラブなどに影響します。

会場やバーのサイズに関係ありません。

また、店から入手可能なアルコールの販売禁止ではありません。

オープンエアーのレストラン、モール、ショップには影響しませんが、適切な衛生対策と、利用者の間で少なくとも1メートルは確保する必要があります。

これらは封鎖ではなく、人々が通常通り自由に動き回れることを意味しています。

しかしながら、大衆の集まりや他の人との密接な接触の可能性がある場所の積極的な閉鎖を指示しており、

この命令は、人々の間の社会的距離を延ばし、大きなイベントや人々のグループを一時的に禁止することを意図しています。

この歴史的な決定により、世界最大の性都市の1つが2週間眠り、

収益の80%以上をナイトライフ産業に依存している都市で数万人が一時的に仕事を休むことになる。

まとめ

プラユット首相は、 バンコク都内および近郊県の歓楽・娯楽施設を

2020年3月18日から2020年3月31日まで閉鎖することを命じました。

歓楽・娯楽施設には、 パブ、バー、映画館・タイ古式マッサージ店、マッサージパーラー、ムエタイスタジアムなどが含まれる。

オジサン達の憩いの場は、最低でも3月末までは閉鎖です。

4月以降もどうなるか分かりません<大号泣!

今年はソンクランも延期ですし、タイは大変なことになってます。


人気ブログランキングタイ旅行 RANKING

にほんブログ村タイナイト情報ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました