「続報:日本は?」コロナ関連で3か国のタイ入国ビザ免除が廃止に!

VoA
スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイ公衆衛生省は、Covid19コロナウイルスの発生により、

危険な伝染病地域に、イタリア、イラン、中国、韓国の4か国と

マカオと香港の2つの地域を指定しました。

4か国に指定された韓国からのタイへの帰国者が14日間の隔離が実施されました。

速報:タイ)韓国からの帰国者の一部に検疫と14日隔離を実施!

ニュースソース Pattaya Newsより

新型コロナの影響で、韓国で違法就労を含め就労していた多数のタイ人の労働者がタイに帰国したことを受けて、

タイ人労働者をチョンブリ県のパタヤのセタヒップにあるタイ海軍の基地の施設に送り、

新型コロナの感染の有無の診断と、一部対象者には海軍基地施設での14日間の隔離が行われています。

kensa1

タイ保健省のSathit Pitutecha副大臣のコメントによると、

韓国の中でも特に新型コロナの蔓延が酷いテグやキョンサン北部からの帰国者は、

タイ政府が指定する場所で14日間の隔離が義務付けられています。

kensa2
kensa3

現状、同氏によると帰国者は外国人も含めて全員に空港での検査が行われており、

韓国のテグやキョンサン北部などからの帰国者などは、

セタヒップのタイ海軍の隔離施設タイ海軍の隔離施設へバスで移動し、

検査と14日間の隔離が行われ、その他は自宅などでの隔離が行われているということです。

タイは、18か国への到着時のビザをキャンセルし、Covid19による3か国のビザ免除を廃止

PattayaNews

ニュースソース Pattaya News

バンコク(ロイター)–タイは水曜日に18カ国の到着時のVOAビザ(Visa on Arrival)の付与をキャンセルし、

コロナウイルスのまん延を抑えるために他の3国のビザ免除の廃止を内務大臣は発表した。

以前は、18の国または地域の国民は、パスポートまたは旅行書類を使用して、

タイの入国審査ポイントで到着ビザ(VoA)を申請することができました。

18か所には、ブルガリア、ブータン、中国(台湾を含む)、キプロス、エチオピア、フィジー、ジョージア、インド、カザフスタン、マルタ、メキシコ、ナウル、パプアニューギニア、ルーマニア、ロシア、サウジアラビア、ウズベキスタン、バヌアツが含まれます。

韓国、イタリア、香港のビザ免除は取り消されると大臣は述べました。

日本からの入国者はまだ大丈夫の模様

日本からの日本人入国者に対するビザなし訪泰はまだ可能なようです。

在日本国大使館とタイ政府の緊密な連携と

タイ政府のデータに基づいた客観的判断により、

日本に対する非科学的な対応がされていない点に感謝です。

こういう対応をしてくれるタイは、やっぱり自分は好きだなぁ・・・。


風船おじさんの裏サイトも更新中です。

50代夫婦がバンコクでのんびりしてきた海外旅行記【おすすめも紹介】
日頃嫁さんには色々と苦労を掛けているので、ご褒美にバンコク個人旅行を計画しました。 50代の夫婦なので、観光を詰め込み過ぎる旅行ツアーではなく、個人旅行で行ってみました。 奥さん孝行のための旅行記ブログなので、参考にしてみてくださいね。

人気ブログランキングタイ旅行 RANKING

にほんブログ村タイナイト情報ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました