初めてのアンヘレスGoGo遊びでプリティーウーマンごっこ開始!【初アンへレス No1】

WsGate

※Yahooブログ廃止に伴い、2012年に書いたYahooブログからの転載です。

世の中にあるアンヘレスのGo Go Bar遊びのブログを見て、どうしてもアンへレスに行ってみたくなり、アンヘレスに行ってしまいました。

フーセン
フーセン

祝!初アンへレス!!

香港で夜遊びした後に、アンヘレスに行きました。

香港からクラーク空港(アンへ近隣空港)まで、LCCで安く移動できました。

タイガーエアーとセブパシフィックがあるのですが、セブパシを今回利用しました。

えーと、はい、案の定、セブパシ、出発が20分以上遅延しました。ま、比国の飛行機なので当然ですね。

しかし、セブパシも初めて乗りましたが、客層すげーな!!!!

ピナちゃんがうるさい、うるさい!

外国人は私を含めて10人位しかいませんでした。

そのうち、たぶん日本人は私一人だけ。

あとは、ガタイがよい白人男ばっかり!

おひおひ、大丈夫かアンへレス?

香港→クラークって、あっけなく、すぐにクラーク空港に着きました。

えーと、思いっきり地方の小さい空港ですね、クラーク空港。

タラップ降りたら、バスもなく、いきなり徒歩でイミグレまで移動です。

(注)2012年当時のクラーク空港です。今はもっと近代的です。

ほんと、のどかな空港ですなあ・・・!

しかし、太陽がギラギラで、蒸し暑く、いかにもフィリピン、南国って感じでちょっとハイテンションです。

マニラ空港よりは、いい感じです。

あっけなくイミグレ通過。

だって、外国人用と比国人用にレーンが分かれてますが、

人数は外国人10人、比国人120~30人って感じで、外人は早く通過できます。

フーセン
フーセン

おおおおお、ナイス!

荷物のターンテーブルも2レーンしかなく、ほとんど待たないですぐに出てきます。

フーセン
フーセン

これもナイス!

荷物を受け取り、とりあえず1万円を両替し、さーて、アンへレスへレッツゴーです。

今回のアンへレスの遊びテーマは、プリティウーマンごっこ!

ダイヤの原石を見つけて、自分好みの婦女子に、服装、髪型、化粧、全部変身させちゃいたい!

どんな原石が居るか?楽しみです。

フィールズへ移動じゃ~

さてと、両替もすませたし、ホテルまで移動すっか?

えーと、なになに、バスとタクシーがあるのか?

バスって、えーと、あ、ジープニーなの? ありゃま、乗り方と降り方わからん<シクシク

ダウとかまで行くのかな?

思案していると、雲助みたいのが、タクシー、タクシーと言って近寄ってくるので、

タクシーでもいいかな?と思い、エアポートタクシーの配車受付のおねーちゃんに値段を聞いてみる!

爺)○○ホテルまでいくらですか?

ねーちゃん)フィールズ近隣ですね、はい、一律500ペソです。

爺)げげげ・・・・、500ペソあったら、マニラ空港からマカティまで余裕でイケんじゃん

フーセン
フーセン

た、た、高けー!

ねーちゃん)どうしますか?

爺)しょうがない、乗ります<シクシク

ねーちゃん)了解です、代金は直接ドライバーにお支払いください!

爺)はい、了解!

この会話を聞いていた雲助君、すかさず私のトランクを持ち、タクシーまで運んでくれました。

おいおい、いいよ自分で運ぶから!と、言おうと思った矢先、

タクシーは10メートル先に止まっているだけなのに、すぐにトランクに荷物を詰め込まれちゃいました。

すると、雲助くん、爺さん、チップ頂戴!とか行ってきます。

でたよ、おめーどうせタクシー会社とは関係ないんだろ?

そんなことやってチップせがみやがって。

ほんとフィリピンって、いつもこうだよ!

と思いながらも、しょうがないので10メートルの移動のみなので、

20ペソあげたところ、安い、もっと、もっととかホザキやがる!

ああああああ、面倒臭い、えー、うるさい、あと50ペソな、

といって50ペソをやると、あと100とかほざいてるので、

シッ、シッ、と手で追い払っちゃいました。

サンキューとかにこにこして、どっかに行っちゃいましたが、

ああ、フィリピンに来たんだなあと妙に実感がわきました。

さてと、タクシーの運ちゃんにホテルの場所を教えて、レッツゴーと思ったら、

同乗者がいるらしく相乗りだそうです。

同乗者をまってると、

フーセン
フーセン

うぇー

香港に出稼ぎに行ってる婦女子と

それを迎えにきた子供達とばーちゃんの総勢5名が乗り込んできました。

全員のったところで、タクシーは動きだしました。

ああああ、セブパシの機内と同じように、

機内はピナチャンたちの笑い声と怒涛の会話で、

またまた、すごい喧騒状態です。<シクシク

でも、天気も良いし、初めての場所で気分はルンルンです。

渋滞もなく、順調にタクシーはフィールズに向かい移動できました。

途中、ショッピングモールの入り口で出稼ぎさん一家は下車され、

やっと社内は静かになりました。

そして、難なく滞在するホテル(正確にはサービスアパート)に到着!

フーセン
フーセン

やほーい!


2020年の厳選情報!

人気ブログランキングタイ旅行 RANKING

にほんブログ村タイナイト情報ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました