タニヤ嬢のOちゃんとパタヤ旅行でラン島に行ってみたら凄い展開に?(4)

ran_island
スポンサーリンク
スポンサーリンク

タニヤのクラブ愛でOFFしたOちゃんと意気投合!

出会った翌日にパタヤへ旅行に行ってしまいました。

二晩も一緒に過ごしたのに、未だにチョメチョメ無し。

純愛なのか?これは純愛なのかぁ・・・・・?

3日目の朝がやってきました。

※2003年~2004年頃の回顧録です

◆朝の試合はあるのかな?

不覚にも、Oちゃんがシャワーから出てくるのを待っている間に寝てしまった風船お兄さん。

二晩も連続でシャワー待ちで寝てしまうなんて・・・・。

何やってんだ~、俺、号泣!

朝起きると隣でOちゃんがスヤスヤ寝ています。

フーセン
フーセン

やっぱり寝顔も可愛いな

Oちゃんは深夜まで一人でテレビを見ていたみたいで、全然起きる気配が有りません。

それにしても、会ったばかりの男と一緒なのに無防備でよく熟睡できるなぁ・・・。

タニヤ嬢なら皆そんな感じなんですかね?

それともOちゃんが特別なんでしょうか?

タイでの夜遊び経験値レベル1だった当時は、そんなこと考えてました。

時計を見るとまだ8時です。

可哀そうだからもう少し寝かしてあげるか・・・・。

でも、明日はバンコクで仕事があるので今晩中にバンコクに戻らないといけません。

フーセン
フーセン

何時に起こそうかな?

Oちゃんのお出かけ準備に1時間

朝の試合に1時間

合計2時間だから、チェックアウト12時から引き算して

10時に起こそう!

10時まで2時間あるので、取りあえず朝ご飯でも食べて時間を潰しますか・・・。

入口付近に刺さっているカードキーを持って、朝食会場に行きました。

1時間程してから部屋に戻るとOちゃんが起きてます

鍵持って行ったでしょ、エアコンが切れて暑くて眠れない!

配慮が足りませんでしたね。

カードキーが部屋の電源を集中管理しているので、これを持って行ってしまった為、電源が全部切れてクーラーも止まってしまっていました。

フーセン
フーセン

おはよう

フーセン
フーセン

ゴメン、ゴメン

フーセン
フーセン

ご飯食べて来た、お腹すいた?

空いてない、眠いから寝る!

かなりご機嫌斜めです。

急いでエアコンをつけて、Oちゃんの横に添い寝します。

フーセン
フーセン

ごめんねぇ

Oちゃんの首の下にモゾモゾと左腕を差し込み、腕枕で一緒に寝てみます。

そして空いた右手でサワサワとタッチ!

Oちゃんは体をこちら側に向け

Oちゃん
Oちゃん

う~ん

フーセン
フーセン

へへへ、それでは試合を始めましょうか、ニヤニヤ

サワサワ、サワサワ、風船お兄さんの右手はフェザータッチを開始

Oちゃん
Oちゃん

眠い!

Oちゃんは左足を風船お兄さんに上から絡ませて、拒否の体制を取ります

フーセン
フーセン

がーん!

何だよ、何だよ、何だよ~!!!!

ガルルルルル

絡まっている足を振りほどきながら、再チャレンジ!

Oちゃん
Oちゃん

寝ちゃった貴方が悪い!

この状況で、そんな正論言わなくても・・・・、

良いじゃんかぁ・・・、良いじゃんかぁ・・・、良いじゃんかぁ・・・。

大号泣!

◆ラン島へ、レッツゴー!

ran_island

それにしても、若い女子は良い匂いがしますね。

Oちゃんはちょっと色黒なんですけど、肌質がほんのりとオイルを塗ったようにスベスベでモッチリしており、日本人の女子には無い独特の感触です。

抱き合って寝ているだけだったけど、なんか気持ち良かったです。

でも、長時間の腕枕は辛いですね。

起きたら腕がちょっとだるかったけど、

フーセン
フーセン

何か幸せな気分!

そろそろチェックアウトの時間に危なくなってきたので、Oちゃんを起こします。

フーセン
フーセン

Oちゃん、起きて

Oちゃんはゆっくり目を覚ますと、目線を合わせてきました。

そして、爽やかなフレンチチッスを3度ほどしてきます。

フーセン
フーセン

惚れてまうやろ~

こいつ、天然の行動なんだけど、男心をくすぐるの上手いなぁ・・・。

ダマサレナイゾ、ダマサレナイゾ、ダマサレナイゾ・・・。

Oちゃんは寝ぼけながらもシャワーを浴びて出てきました。

フーセン
フーセン

ねぇ、今日はどこ行く?

ラン島に行こうか?とても海がきれいだよ

まだ10代の頃、家族旅行で初めてパタヤに来た時は、パタヤビーチは透明な海にトロピカルな魚とシャコ貝とかサンゴとかが沢山あってとても綺麗な海のイメージだったんですよねぇ。

でも、今はちょっとバッチくて当時の海とは全然違います。

なんかビーチリゾートって感じがちょっと薄いねぇ。

フーセン
フーセン

良いね、行こう、行こう!

ホテルをチェックアウトして二人でビーチロードを歩きます。

浜辺にはジェットスキーレンタルの売り込みをする人、ビーチパラソルとビールを勧めてくる人、いろんな売り込みをしてくるタイ人がチラホラいました。

売りこみを断りながら歩いていると、パワーボートに乗り込む観光客が目に入りました。

フーセン
フーセン

あれでもラン島に行けるの?

Oちゃん
Oちゃん

行けると思うわよ

パワーボートの周りを見て見ると看板があり、ラン島まで行けるようです。

側にいた係のお兄さんに交渉し、貸し切りでラン島まで往復を頼みました。

ボートに乗り込み、Oちゃんとラン島に向かいます。

パワーボートはもの凄いスピードで海上を爆走します。

途中、ボートが何もない海の真ん中で止まりました。

「拳銃を撃ってみないか?」

ボートに乗っていたオジサンに声を掛けられました。

海上にコーラの瓶を投げ込んで、それを本物の拳銃で撃つらしいです。

22口径~45口径の拳銃が何種類かあり、口径が大きくなると値段が高くなるらしいです。

「いや、要らない」

オジサンはちょっと残念そうな顔をしながらもしつこく誘って来ず、ボートは直ぐにまた猛スピードで動き出しました。

風を切って猛スピードで走るパワーボートは、風が心地よくてとても気分爽快でした。

Oちゃんもボートの手すりをしっかりと掴みながら、怖がる様子もなく楽しんでいるようでした。

フーセン
フーセン

高かったけど、スピードボートを貸し切って良かったな

あっという間にボートはラン島に着きました。

スポンサーリンク

◆ラン島に到着

ボートは白い砂浜の綺麗な海岸に着きました。

昔見たパタヤビーチのように、澄んだ海に白い砂浜がありとても綺麗なビーチです。

ビーチの奥には、屋根があるだけの海の家が何軒か並んでおり、その付近にビーチパラソルの下でのんびりと寝そべる人達がチラホラいました。

ボートを降りて、浅瀬を歩きながら海の家を目指します。

途中、大きな麦藁帽のような帽子をかぶったお爺さんが、歩いている風船オジサンとOちゃんのツーショット写真を撮りまくってきます。

さらに、お土産品を売り込みに来るタイ人の子供も近寄ってきます。

あ~ウザったい!

ちょっとウザったかったけど、今ほどしつこくなく、断ると素直に離れていってくれました。

海の家に入り、脱衣所を借りて水着に着替えます。

先に着替えが終わったので、ビーチパラソルの下でOちゃんの着替えを待ちます。

思ったよりも早く、Oちゃんは着替えて戻ってきました。

初めてみるOちゃんの水着姿。

でも残念ながら露出度が少ないワンピースの水着です。

知ってたけど、何か残念!

Oちゃんはパラソルの下で日焼け止めを塗りまくります。

そもそも色黒だけど気にするんだな、やっぱり日本女子と同じだね。

さてさて、・・・・。

フーセン
フーセン

ビール飲む?

海の家の子供が持ってきたメニューを見せるとOちゃんは赤い色のトロピカルドリンクを頼んでました。

飲み物を飲みながら、Oちゃんの背中に日焼け止めを塗ってあげたんですけど、イタズラでいやらしい手つきでサワサワしちゃいました。

Oちゃん
Oちゃん

くすぐったい!馬鹿!

ちょっと怒ったような、楽しんでるような顔がまたまた可愛いです。

惚れてまうやろ~!

GoGoBARやビヤバーでどんちゃん騒ぎするのも楽しいけど、やっぱりパタヤでは健全な水遊びが一番楽しいですねぇ。

☆Hotels.com☆いつでもお得なホテルはここ!

◆ラン島で乱闘か?

少し飲みながらまったりとしていると、遠くから声が聞こえます。

タイ語で女性がOちゃんに向かって何か言いながら近寄ってきます。

その女性はOちゃんの側までやってきました。

年齢は30歳ちょっと過ぎくらいかな?

若い時はかなり可愛かったんだろうな?と感じる、ちょと小綺麗な婦女子でした。

Oちゃんはびっくりしたような顔をして、その婦女子と嬉しそうに話し始めました。

Oちゃん
Oちゃん

この人、私のお姉さん

Oちゃん
Oちゃん

昔、一緒のお店で働いてたんだよ

2年ぶりの再会だそうで、その婦女子とOちゃんのタイ語でのガールズトークが止まりません。

よっぽど仲が良かったんでしょうね。

ちょっとして、お姉さんが聞いてきました。

姉さん
姉さん

ねぇ、一緒にバナナボート乗らない?

バナナの形をしたボートをジェットスキーに引っ張ってもらい、海の上を疾走するあれです。

フーセン
フーセン

良いですねぇ、一緒に乗りましょう!

Oちゃんと立ち上がり、お姉さん達の借りているビーチパラソルまで一緒に歩きます。

そして、お姉さんのパラソルに着くとそこに居たのは・・・・。

あきらかに、日本人のそちら系の方でした。

ま、ま、まじか~!

40代かな?サングラスをかけてちょっと強面の感じです。

ちょっとびっくりしましたが、話してみるとそんなに嫌な感じはしませんでしたが・・・・。

フーセン
フーセン

何かあったら怖そう・・・。

動揺している顔を出さないように極力注意して、4人でバナナボートに乗り込みました。

どうなる俺?どうなっちゃう俺?

ラン島で乱闘かぁ?

Youもパタヤ行っちゃう?

人気ブログランキングタイ旅行 RANKING

にほんブログ村タイナイト情報ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました