バンコク・タニヤのクラブ愛で好みのタイプのOちゃんと出会いました(1)

taniya
スポンサーリンク
スポンサーリンク

昔、昔の写真が出てきました。

その当時の記憶を忘れないために、ブログにとっておこうかと思います。

写真の日付を見ると2003年6月なので、もう15年以上も前の出来事です。

当時、年に何回か出張でバンコクに訪れていたんですが、中々仕事の進みが悪く、バンコクに2年の予定で駐在し始めた頃の出来事です。

バンコク駐在で、初めて出来たタイ人のガールフレンドがOちゃんとの話です。

いろんな意味で、忘れられない女の子だったなあ<しみじみ

◆大人のコイン集め

バンコクに赴任した最初の1ヶ月くらいは、毎日MP(〇ープランド)に行ってました、ハイ。

サルが〇ナニーを覚えたかのごとく、ほんとに毎日行ってましたねぇ<お恥ずかしい。

当時は、バンコクのナイトライフ情報誌で「G-Dialy」って言うのがありまして、

毎号かならず、バンコク夜遊びMAPというのが載ってました。

悪魔の風船
悪魔の風船

夜遊びMAPで何してたんだよ?

自分は小学生の頃、切手集めとコイン集めに夢中な少年でした。

切手収集用のファイリングノート、コインを収めるファイリングノート、コツコツと集めてました。

特に、コインのノートには昭和30年、31年、32年って感じで、年代別に10円玉とかを整理する印刷がされていました。

昭和32年と昭和33年の10円玉が発行枚数が少なくて、それら希少なコインを全部集めてノートを完成させるのが、楽しくて仕方ありませんでした。

悪魔の風船
悪魔の風船

だから、夜遊びMAPで何してたんだよ?

スイマセン、話を戻します。

夜遊びMAPのMP(〇ープランド)編の全店舗制覇にチャレンジしてました、(笑)

行ったお店のMAPに〇を付けて、全部に〇を付けてコンプリートに近づいて行くのが楽しみでした。

小学生時代のコイン集めより楽しい趣味でしたね、(笑)

結局、最後の方はもうパワーが無くて、お店に行ってもMP嬢と一緒にポケットモンスターで対戦だけして帰るとか、何しにMP行ってるのか意味不明でしたけど、(笑)

こんなことが出来たのも、海外引越費を会社から貰ったからなんですけど、

実際には引っ越し代は1万円もかからなかったので、30万円近く余っちゃいまして、

江戸っ子は酔い越しの金を持たないタイプなんで、ぱーっと使っちゃいました。

当時は、2,000バーツといわれても、2000円くらいの感覚でしたから、今考えると、ほんとに馬鹿なことやってました。

それでね・・・・・・。

こんな遊びをしていると、心が乾く訳です。

東京に居る家族が恋しいのです。

でも、MP嬢との戯れではこの心の隙間を全然埋められず、返って心の渇きが増幅してしまいました。

◆Oちゃんとの出会い

入口のドアにはJapanese ONLYの文字がある

MP遊びに飽き飽きしていたある日、会社の同僚にタニヤのクラブに誘われました。

行ったお店は、当時全盛を極めていたタニヤのクラブ愛でした。

この店は、ママさんの教育がしっかりしており、日本語が堪能なホステスさんが多かったです。

さらに、ホステスさんのラインナップも他店を圧倒しており、タニヤで一番ホステスさんのレベルが高かったです。

お店に入ると、ショーアップで30人以上のホステスさんがずらーっと並び、圧巻の光景です。

フーセン
フーセン

おおおお、可愛い子が結構いる!!!!

横一列に並んでいるホステスさんの前を歩いて物色していると、奥の方に立っている一人の女性に目を奪われました。

身長は160cm位で中肉中背、ちょっと茶髪に染めたロングのストレート髪、凄い好みのタイプなんで、0.01秒でこの子に即決しました。

ソファー席に座って、少しお話してみるとすごく明るい性格で、話していて凄く楽しかったです。

何よりも、日本語が凄く堪能で、赴任したてでタイ語力がほぼ0だった自分には、凄くありがたかったです。

この子の名前はOちゃん、23歳でバンコク郊外出身だそうです。

一緒に話していると凄く楽しいのですが、ただねぇ・・・・。

ちょっと気分屋な所があって、クルクルご機嫌が変わる為、非常に扱いが難しい子に感じました。

まあ、自分も良い年をした大人だったので、じゃじゃ馬慣らしも楽しそうかな?

って言うか?、ご機嫌屋の女子とかって、逆に子供っぽくて可愛い奴だなぁと少し思いました。

Oちゃんは、ルックス的には加藤夏○ちゃんに似てました。

日本のテレビで加藤夏○が出ていると、たまにドキッとします。

Oちゃんも、優しい日本の中年?それとも新たな金ずる?と思ったのか、お互いに波長も合うし、

話が結構弾むので、私のことを気に入ってくれたみたいでした。

今振り返ると、「お互い第一印象が良いもの同志?」って感じだったのかな?

スポンサーリンク

◆OちゃんをOFF!!

1時間で1セットだったので、話がはずんでいる所にママさんがやってきて、

「どうしますか?一緒に帰りますか?」

「もちろん、お会計お願いします。」

MP通いで感じていた心の渇きは、Oちゃんには全く感じませんでした。

それどころか、一緒にいて楽しいので、心が潤いましたね。

当然、心をウキウキさせてOちゃんをOFFしました。

隣でその様子を見ていた会社の同僚は、ニヤニヤ笑ってましたね、汗。

同僚
同僚

二人で楽しんできてね!

◆ビックエコーに行こう!

店を出て、どこに行こうか?という話になり、日本大使館からちょっと離れたカラオケ「ビックエコー」に行くことにしました。

ところで、クラブ愛って、生バンドでの演奏はありますが、カラオケは無いんですよね。

まあ、生バンドの演奏でステージでカラオケは歌えますけどね。

皆見てるので、ちょっと恥ずかしいかな、orz

さてさて、タクシーを拾って移動しようとしたのですが、・・・。

Oちゃん
Oちゃん

ちょっと待って、車置いてあるから車で行こう!

フーセン
フーセン

ん?車?

Oちゃん
Oちゃん

こっちだよ!

Oちゃんは自然な流れで私と腕を組み、タニヤプラザの地下駐車場に誘導してくれました。

フーセン
フーセン

何か街中でこんなかわいい子と腕組んで歩いちゃったよ。

でへへへへへへ!!

駐車場には沢山の車が並んでおり、中にはベンツなのどの高級車もありました。

その中で、紺色の真新しいホンダ シビックの前でOちゃんが立ち止まり、

Oちゃん
Oちゃん

乗って!

助手席に乗り込み、Oちゃんの運転でビックエコーに向けて走り出しました。

フーセン
フーセン

これ、自分の車?

Oちゃん
Oちゃん

うん、そうだよ

社内には、ダッシュボードの上に黄色いワーゲンのミニカーと15cm位の高さの椰子の木のプラモデルみたいなやつが、両面テープで貼り付けてありました。

シートカバーもかわいらしいクリーム色のキルト布のオーダーメードっぽいものが付いており、

社内にはほんのり芳香剤の香りもするし、いかにも女の子のマイカーって感じです。

この時は、Oちゃんが自家用車を持っていることに対し、そんなに不自然に感じませんでした。

10分強で二人を乗せた車はビックエコーに着きました。

☆Hotels.com☆いつでもお得なホテルはここ!

◆ビックエコーでカラオケ

え?日本のびっくエコーと同じじゃん!

店内は掃除も行き届いており、日本品質の音響設備と通信カラオケが整っていました。

でも、値段は日本とほぼ同額なので、タイ人にしたら超高級店だったでしょうね。

受付を済ませ、二人で個室に入ります。

早速カラオケ開始!

Oちゃんはタイで流行っている歌を楽しそうに歌ってました。

一方、私は英語の歌をカッコつけて歌いました。

Earth, Wind & Fire – September (Official Music Video)

大して上手くないのと、曲が古いので全然Oちゃんには受けず、白けた雰囲気が流れてました。<シクシク

でも、当時、タイの女の子にモテたいと思っており、自分のマンションで密かにタイ語の流行曲を勉強してました、ハイ。

お陰様で、今ではかなりの数のタイソングが歌えます<自慢してすいません。

まだ、練習の途中でしたが、ブライオニーっていう(日本で言ったらアイコかな?)女の子の歌と、

ナイナイの岡村みたいな顔をした何とか?(バードトンチャイ)っていうおじさん(日本で言ったらカールスモーキー石井かな?)の、ファンジャという曲を一所懸命歌いました。

แฟนจ๋า – เบิร์ด ธงไชย 【OFFICIAL MV】

すると、白けてたOちゃんも、私のめちゃくちゃなタイ語の歌に大うけで、一緒に歌って盛り上がってくれました。

フーセン
フーセン

自宅での秘密特訓の成果がでたぜ~!

私の場合、基本的に婦女子には一緒にいる時は、何とか楽しんでもらおうと、色々と気を使ったり、ヨイショするするタイプなんで、盛り上がってくれて嬉しかったです。

◆Oちゃん何でそんなにお金持ってるの?

Oちゃんの車の同型車

翌日、会社の同僚に教えてもらったのですが、バンコクの自家用車の値段はとんでもなく高いです。

新車のカローラなんかでも、日本だと120~130万くらいで買えた時代でしたが、バンコクだと300万以上してました。

自分も、通勤用に車を買おうとしたんですが、10年落ちのシビックでも80万位して、ものすごくびっくりしました。

車の値段の話を聞いても、あの時は、Oちゃんはタニヤで一杯稼ぐのかな~?と、思ってました。

確かに可愛いから沢山稼いでも不思議ではないですが、それにしても300万以上なんで、どうやって買ったのか?

本人に聞いてみたら、長期ローンだと言うので、そうだよね、幾らなんでも300万だもんね。

と、Oちゃんの言うことに、納得しました。

まあ、タニヤ譲で車を持ってる子が、ちらほらいる時代だったので、そんなもんなのかなぁ?

++++++

【次回:第2話】タニヤ嬢と一晩過ごしたら翌日パタヤに一緒に行くサプライズが起きた(2)

++++++

電子書籍 Kindle版「オジサンだって年の差を考えずに恋してみたい(1)」

電子書籍 Kindle版「オジサンだって年の差を考えずに恋してみたい(2)」

人気ブログランキングタイ旅行 RANKING

にほんブログ村タイナイト情報ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました